> FAXでのご注文シート> ショッピング・ガイド> ラッピングについて
  • 商品情報
  • COFFEEBOYって、こんな会社です。

    COFFEEBOYってどんな会社ですか?って聞かれるようになりました。

    山口県内にいくつかカフェがあるのは知っているけれど。
    どこも違った佇まいや装いで、ドリップの手法などマニュアル化されていそうでもなく。
    COFFEEBOYはチェーン店なの?ポリシーというか?中心というか?
    ゆるい感じで掴みどころがないなっていう印象のようです。

    自身のことばでお答えすると、
    コーヒーボーイは前身である小豆屋さんの経験を活かして
    1961年に周南市でコーヒー豆の焙煎工場をスタートしました。
    近くの工場で働く労働者に安息の時間を。そんな思いで始めた焙煎工場でした。
    COFFEEBOYを昔から知る人は、私たちを“自家焙煎コーヒー豆専門店”と認識いただいていますが
    55年の年月がたった今、
    (コーヒーの幸せを伝えることをひとつの約束にしているだけで)
    いろいろな方がいろいろな感じでCOFFEEBOYを思っていただいている事に幸せな思いです。

     

    3つだけ、

    わたしたちから受けとっていただきたいメッセージがあります。
     

    1、COFFEEBOYは、これからもロコ ロースターです。


    日本有数の軟水の水系、錦川がコーヒーボーイを育ててくれました。
    これからもローカルに根ざし、ここ山口県の風土で美味しいと感じるコーヒーを焼き続けていきます。
     

    2、COFFEEBOYは、スイートなコーヒーを提供します。


    私たちの一番の特徴は、コーヒー豆から最大の甘みを引き出すことです。
    種をつなぐために内に秘めた甘味こそがその果実の本質だから。と、そんな思いです。
     

    3、COFFEEBOYは、「広く多く長く」を目指します。


    世代や抽出のスタイル、豆のグレードにこだわらず、
    できるだけ「広く多く長く」コーヒーを楽しんでいただきたい。
    NOT TOO SERIOUS! はわたしたちの大切なポリシーです。

    これからもどうぞCOFFEEBOYをよろしく。
                                    コーヒーボーイ代表 河内山 嘉浩